新卒の方も、アルバイトや契約社員のまま仕事を続けている方も、当ホームページの就職に関する情報をぜひご一読ください。現在の日本で就職活動を行う際に必要となる大切なこと(就職の極意)をお教え致します。

本気で就職したいなら考え方を切り替えろ!

就職活動は一つの社会人としての経験を積む大きな機会となります。時には大きな夢を持って就職活動を行う事もあれば、まだ将来が決まっていない中、模索をしながらの就職活動を行う人もいるでしょう。この様に様々な企業との面接を行う事は一つの大きな経験とも言えるでしょう。しかしなかなか内定をもらう事が出来ない人も中にはいます。何度面接を経てもなかなか就職が決まらず、何度も何度も面接を経験する人がいます。その場合は、何が原因で内定をもらう事が出来ないのかを今一度考える必要があるでしょう。就職活動は自己分析を事前に行う人も多く、自身をより深く見直す事が出来ます。本当はどういった事に興味があり、本当はどの様な業界や職種を希望しているのかを知る事が出来ますので、まだ自己分析をしていない人は試してみましょう。自己分析を行う事で、今まで知らなった自分に出会える事がありますし、何か新たな自分を知るきっかけになる事もあるでしょう。本気で企業の内定を獲得したいのであれば、まずは本当の自分を知る事が重要です。何も分からずただ夢と希望だけを抱いて面接に臨んでも、本当のやる気や動機を面接官が感じる事が出来ない事があります。面接官は過去にも数多くの候補者と面接をしており、本当に企業にとって必要な人材を見極める力を持っています。まだ自分で将来何をしたいかわかっていない人を採用する理由がありませんので、明確な目標とやる気をもった人を採用する傾向にある事は理解しましょう。この様になかなか企業の内定をもらえない人は、今一度自分を見つめなおし、焦らず本当の自分と向き合ってみてはいかがでしょうか。きっと、その中で自分が求める将来の像が見つかる事でしょう。

面接官の心を掴む就職活動の極意!

就職活動の中で、いかにして採用を勝ち取れるかは非常に重要です。以前からどうしても入社をしたいと考えている企業へ応募した際には、何が何でも採用を勝ち取りたい所です。ここでは、面接官の心を掴む面接での極意をお伝えします。まず前提条件として、面接官はあなた以外にも数多くの候補者に会っている事を理解しておきましょう。数名程度かもしれませんし、何十名、何百名を会った経験を持つ人もいるでしょう。そのため、いかにしてその何十人何百人の中で生き残る事が出来るのかを考えてみましょう。まずは印象の点です。そもそも第一印象が悪い人は採用されないでしょう。話し方が社会人の話し方ではない、マナーが出来ていない等はまず問題外です。そして面接官の心を最も掴むのが、その企業に対するモチベーションです。企業の事を面接官以上に調べ上げている人であれば、面接官も非常に興味を持つ事でしょう。しかし就職活動の中で注意したい点の一つとして、この志望動機を話す際に、面接官が引いてしまう程熱烈にプレゼンテーションをしてしまう人が中にはいます。熱があまりに入ってしまうと、好印象に感じる面接官と引いてしまう面接官の二つに分かれてしまうため、リスクを伴います。そのため、面接の間に面接官の特徴を掴んでおき、どういった人であれば好印象に感じてくれるのかを理解した上で、プレゼンテーションの熱意の度合いを調整出来ると良いでしょう。誰でも自社の事を良く知っている人には好印象を抱く傾向にありますが、その度合いが非常に重要である事を覚えておきましょう。この様に就職活動の中で面接官の心を掴む極意はごくごく簡単な事でもありますので、面接の中で面接官の人柄や特徴を掴む事を心がけましょう。

地元での就職にも多くのメリットがある!

最近は都会に進学しても就職は地元を希望するUターン就職が増えています。地元で働くメリットは、まず経済的な負担を減らせることです。一般的に地元では都会よりも正社員になりやすいです。元々地元の競争率は高くないため、安定した就職先が見つかります。都会では家賃や生活費などの費用が高いですが、地元では特に実家に住むことで出費を抑えることができます。また通勤ラッシュから開放されます。都会では車や電車、バスなどどの通勤手段を選んでも人ごみを免れることがありません。地元も通勤時間は集中しますが、都会と比べると規模が小さく通勤時に感じるストレスを軽減できます。さらに地元には家族や長年付き合っている友人がいます。家族に何かあった時に駆けつけられる安心感を得られ、友人と頻繁に連絡することで孤独に思うことがありません。地元での就職を嫌がる人の中には、企業の規模が小さく安定感が無いことを挙げます。しかし地方都市にも規模が大きな企業は必ず存在します。車で1時間~1時間半以内の場所で、ある程度の規模を持つ工場や大企業の支店などがあれば、給料が低かったり経営破綻を心配したりしなくて良いです。大手メーカーは地方の工場を直轄の組織ではなく子会社として設置することが多いです。これらの企業では経営に携わる幹部は親会社から出向や転勤という形で用意されます。よって若いうちは都会で過ごして、将来は親の面倒を見たいという人は、大手メーカーに就職して地元に異動を願うのが良いです。中核市や県庁所在地では全国的な企業が多いです。最近は転居を伴う異動をしない代わりに給料を本社の7~8割にするエリア採用もあり、地元に残りやすい制度を採用しています。
■札幌でWEB系の就職を考えている方はこちらをチェックしておきましょう
札幌でWEBデザイナーに転職する